はじめまして!
メンタルトレーナーの小林麻紀です!

 

ASS(Athlete Support Science)メンタルトレーニングを担当させて頂きます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

ここ数年、特に“メンタルトレーニング”や“メンタル”という言葉をよく耳にするようになりました。

 

皆様も会話の中で「あの人メンタル強いよね(弱いよね)」、「最近メンタルボロボロで」など気軽に使ったりしていませんか?

 

メンタルが強い、弱いとはどういうことなのでしょうか?
メンタルトレーニングってそもそも何?

何に効果があるの?
どのような事をするの?
と思われている方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

自己紹介


学生時代にアルバイトでスイミングスクール、小学校の夏休みプール指導のコーチ、YMCAという所で主催されていた幼稚園児から高校生までのキャンプ(山やスキー等)のスタッフとして皆のお世話をしていました。

 

その頃から頑張っている子供たちをサポートするのがとても好きでした。

 

社会に出てからは自動車部品の輸出の仕事や自分の病気をきっかけに老人介護の仕事に興味を持ち介護福祉士の仕事に就きました。

 

社会生活を送る中で、大きな手術をし普通の生活に戻るのに1年以上かかり、先が見えない不安と焦りで毎日心がつぶれそうな時期がありました。

 

さらには、人間関係でも苦しみ、挫折というのを何度か経験してきました。

 

そのような時、私はいつも

『根性』で乗り越えてきました。

 

しかし、根性では乗り越えられないと思うくらい辛い出来事が起こったのです。

 

それでも何とかそこから抜け出そうと必死で考え、「そうだ!新しい事をして生活を変えてみよう!」と思いつきました。

 

そう思った時、偶然『メンタルトレーナー』という仕事があることを知り、直感で「私はこれになりたい!」と思い、勉強を始めました。

 

トレーニングを学び、受けていくうちに、根性には限界があるんだ
一人で頑張らなくてもいいんだ
何よりありのままの自分でいいんだ
ということを知り、心が軽くなっていったのを覚えています

 

(「ありのままの自分」というのは、人に合わせるのではなく自分が思うまま、感じるままでよい、貴方は貴方のままで良いというような意味)

 

心が軽くなると私の中で止まっていた何かが動き出し、どんどん行動出来るようになりました。

 

皆さんもメンタルトレーニングを受けていくうちに同じような感覚を味わって頂けると思います!

 

 

 

メンタルトレーニングとは


メンタルトレーニングとは
「心のトレーニング」
です。


『その人の夢や目標を達成させる為の心』をサポートするトレーニングのことを言います。

 

 

皆さんには「自分はこうなりたい」という夢や目標がありますか?

 

もし、あったとして、それを叶えようと頑張っている中で何か悩みごとはありませんか?

 

例えばスポーツ選手であれば、“練習では上手くいくのに試合となると力が発揮できない”、“監督やコーチに言われていることは頭ではわかる、でも上手く出来ない”

 

また指導者の方であれば、“選手が同じミスを何度も繰り返す、どのように伝えていけば良いのか悩んでしまう”など、他にも色々とあるかと思います。

 

上手くいかないのは技術や素質が原因ということもあるでしょう。

 

でも、もしかしたら気持ちの問題、精神的な問題、つまり心の問題かもしれない。だから体のトレーニングと一緒に心のトレーニングを行っていくことで、より自分の目標を達成しやすくなってくる、『なりたい自分』に近づいていくのです。

 

 

 

実際のメンタルトレーニング


では、実際どんなトレーニングをしていくのかをお話します。

 

例題


*『緊張やプレッシャーについて』=緊張って何故するのか、プレッシャーって何なのか、試合で緊張しないようにするにはどうすれば良いのか

*『イメージトレーニング』=何故イメージするとよいのか、何をどうイメージするのか

その他にも『強いメンタルとは』『感情のコントロール』など様々なトレーニングがあります。


毎回少しずつそれらをわかりやすくお伝えしていきます。

 

 

 

メンタルトレーニングの内容


トレーニング内容はメンタルトレーナーによって様々だと思います。私が学んできた技法はコーチングだけではなく『心』、特に『マイナスの感情』を扱うというものです。


どんなに良いトレーニングを提供しても、心の中が安定していなければしっかりと自分のものにすることは出来ません。


常に心をフラットな状態に出来るようにサポートして参ります。

 

 

また元体操金メダリストからトップアスリートのメンタルを学び、それが全ての方々にも通用するものであることを知り、コンテンツに存分に入れております。
皆さまも是非体験して下さい!


強いメンタルとは、“いつでもやる気があってプラス思考でガンガン前へ進める”ということではありません。


自分としっかり向き合い、自分を知り、自分を好きになり、どのような状態でも自分をコントロールしていられること、そして目標達成の為に頑張っている間もワクワク楽しみながらいられることだと思います。

 

 

このスクールでのトレーニングをスポーツだけではなく人生そのものに活かして、
“自分らしく、なりたい自分”になっていって頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

実例

 

それでは最後に私がサポートしてきたある選手の話をして終わりにさせて頂きます。

 


その選手(A選手とします)は現在、ある社会人チームに所属しています。何の団体競技かは伏せておきます。

 

私は彼が学生時代、そのチームを担当していました。

彼は主力選手で、とにかく努力家で性格も明るく、いつもチームの中心人物でした。

 

卒業後は強い社会人チームに入り頑張っていましたが、ある時、A選手から

「長い間、調子が悪い、何をしても良くならない、まもなく日本一を決める大会が始まるのに焦るばかり。周りの声も素直に聞けない。ここまでひどいのは初めてのこと。メンタルトレーニングをお願いします。」

ととても辛そうな連絡がきました。

 

大会2週間位前のことで、さすがに時間がないかなと私も思いましたが、でもまだ出来ることはあるはずとLINEでトレーニングを行いました(A選手は地方にいるので簡単には会えませんでした)。

 

まずは彼の心の中にあるモヤモヤした思いを素直に吐き出してもらいました

 

吐き出すことで気持ちが楽になってきますし、自分自身が何を思っているのか、何に引っかかっているのかがクリアになってきます。

 

少し落ち着いた所で改めて今の自分の心と向き合い、また現状を把握し、大会でどうなりたいのか、その為に残り2週間で何をすれば良いのかを本人に考えてもらいました。

 

元々学生時代にメンタルトレーニングを行ってきているので自分で考える力はある選手です。
私はA選手が軌道修正出来るように背中を押してあげただけですが、短い期間でどんどん良い方向に向かっていくのがわかりました。

 

 

そして大会が始まりました。
彼は1試合目から活躍してチームメイトや観客を魅了し、2戦目以降ももう止まらないというくらい暴れていました。
A選手、決勝戦でも大活躍し、MVPまで取りました

 

彼が最高の笑顔で胴上げされている姿を見られたこと、トレーナーとしてもこれほど嬉しいことはありません。

メンタルって本当に凄いと私ですら改めて感動した出来事でした。

 

 

 

今度は皆さんの番ですね

 

A選手のようになるかどうかは誰にもわかりません。

可能性が1%ならやってみますか?

いえいえ、可能性が0%なら0から、可能性がマイナスならマイナスからやってみませんか?

自分って自分が思っているより案外凄いと私は思っています。

 

 

 

私達スタッフも全力で皆さんをサポートします!
新しい自分に会ってみませんか?

 

 

最新情報をチェックしよう!

その他の最新記事8件

>動画配信型スポーツ教育:【 ASS 】

動画配信型スポーツ教育:【 ASS 】

私たちは指導者や選手の皆様のためになる日本一のコンテンツを目指しています。
些細なことでも気が付いたことがありましたら、ご報告いただけると幸いです。
ご要望、ちょっとした質問も喜んで承っております!

※「Sport in Life」のロゴ
弊社はスポーツ庁の認可を取得しており、「一人でも多くの方がスポーツに親しむ社会の実現のため」にスポーツ教育を進めて参ります。

CTR IMG