はじめまして! 山田健二です!

 

これからASSAthlete Support Scienceで、トレーニング理論スポーツ栄養学を担当させていただきますので、

どうぞよろしくお願いします。

 


私がどんな人間であるかを少しでも知ってもらい、興味をもってもらえればと思います。

 

経歴

 

私がこれまでやってきた仕事は大学や専門学校での非常勤講師、保育園での勤務をしてきました。

 

体育・運動や健康などについての座学や器械体操や球技などの実技を指導してきました。

大学などで働くのは珍しいなと思った人も多いのではないでしょうか?

 

私は小学校1年生の時の担任の先生と出会ったことから、“先生”という仕事に就きたいと思っていました。

嫌味に聞こえてしまうかもしれませんが、運動もできて勉強も嫌いではなく、どの教科の先生になりたいかは迷うこともありました。

 

小学校と中学校ではサッカーを、高校では器械体操をしていたので、中学・高校の担任や保健体育科の先生に相談すると

「体育教師が向いているよ。」と後押しをしてくれることが多くありました。

 

 

ちなみに・・・

先生は相談されると力になってあげたいと親身になってくれるぞ!

 

 

そこで、国士舘大学の体育学部へ進学し、本格的に保健体育科の教員を目指すための勉学に励みました(受験勉強や体育大学での勉強や授業ってどんな感じなの?って、気になる人もいると思うけど、機会があればお話ししますね)。

 

そこで、夢に向かって迷いもなく勉強を続けて、ついに大学4年生の教育実習の季節が来ました。

 

 

教育実習の詳細については今後お話ししたいなと思いますが、母校の高校へ行き一生懸命実習を行いました。

 

その中で、教員への夢の心が折れる出来事があり、高校の体育教師という夢をあきらめてしまいました。

 

これが、初めての大きな挫折であり、大学4年生というとても重要な時期でした。

※パワハラとかモラハラとかじゃないから安心してね!

 

 

小学生からずっと目標だった教員への気持ちが薄れてしまった時に、大学でのゼミの先生が「大学院に進学し、研究をしてみなよ!」と声をかけてくれたことが私の人生を大きく変えてくれることとなりました。

 

現在では、その先生が私の大切な恩師の須藤教授です。

 

※ちなみに、大学では卒業論文というのを書きますが、

私は“裸足と靴ではどっちが速く走れるのか”について研究をしました。

結果については今後の動画の中でお話ししたいなと思います。

 

 

大学院に進むと、“裸足と靴ではどっちが早く走れるのか”という結果から

“なぜ、裸足と靴に差が出たのか、どんな要因があるのか”

について「走る」をテーマの中心に研究を行いました。

 

その他にも運動や体の変化などについて、「なぜ?どうして?」などの疑問をしっかりと学んでいきました。

 

研究の楽しさ、未知のことを発見する喜びなどを知ることが出来たのですが、研究をしている中であること』を知り、『何のために研究をしているのか』と考えることがありました。

 

 

 

それは、みんなも指導者に言われてきたのではないでしょうか?

「速く走るためには、腿(もも)を高く上げるんだ!」と。

しかし、論文に、腿(もも)を上げることは、走る速度に関係がない!

ということが書かれていました。

それも当時で10年も前の論文です。

ちなみに、脚を振り下ろす速度が速いと速く走れるそうですよ!

 

 

その事実を知って、「みんなが健康に!みんなが楽しく運動が出来るように!身体を動かすことが好きになるように!」と研究してきた内容を研究者だけが知っていて、一番知ってほしい学校の先生や選手、生徒、高齢者などに全く伝わっていないという矛盾でした。

 

 

 

私が目指した新たな目標


「最新の研究(研究者)とそれを必要とする人を繋げるパイプ(架け橋)になりたい!」
です。

しかし、伝達するツールや方法について、どうすればよいのか分かりませんでした。

 

 

そんな中、大学院時代の後輩であったNobleAction代表の大野と日本の教育の改革について話をしていく中で、ASSへのビジョンを互いに共有をしていき、オンラインという手法で、一人でも多くの方へ、正しい知識、正しい体の使い方、交流する場などを提供できるようにと考え、現在に至ることとなりました。

 

 

私たちは、運動やスポーツだけでなく、目標や夢などのサポートも出来ればと思い、交流会なども開き、動画の内容だけでなく、お話しが出来る範囲でのくだらないお話しなども出来ればと思っています。

 

 

これから、どうぞよろしくお願いします!

 

 

 

山田 健二

最新情報をチェックしよう!

座学:トレーニング理論の最新記事8件

>動画配信型スポーツ教育:【 ASS 】

動画配信型スポーツ教育:【 ASS 】

私たちは指導者や選手の皆様のためになる日本一のコンテンツを目指しています。
些細なことでも気が付いたことがありましたら、ご報告いただけると幸いです。
ご要望、ちょっとした質問も喜んで承っております!

※「Sport in Life」のロゴ
弊社はスポーツ庁の認可を取得しており、「一人でも多くの方がスポーツに親しむ社会の実現のため」にスポーツ教育を進めて参ります。

CTR IMG