こんにちは!ASS(Athlete Support Science)です!

今回のテーマは『器具トレーニングの重要性』です!

 

 

 

皆さんは器具トレーニングって、どんなイメージがありますか?

 

 

トレーニングジムなどで見かけるダンベルやバーベルなどを使うトレーニングですかね?

 

 

器具トレーニングをすることで、どのような効果が期待され、どのようなことに注意すべきかをお話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

器具トレーニングとは?

 

マシンやダンベル、チューブなどのトレーニング器具を用いたレジスタンストレーニング

になります。

 

使用する器具によって特性が変わり、安全性や効果なども大きく異なってきます。

器具によりメリットとデメリットがあるので、しっかりと理解し、より効果的なトレーニングを目指せます。

 

 

 

特徴

 

マシンの特徴

 

メリット

①安全性が高い

②初心者でも目的としている筋を鍛えられる

③負荷の設定が細かくできる

 

 

デメリット

・家庭では用意することが困難(値段、場所)

・軌道の自由が利かないため、器具をコントロールするような力がつかない

 

 

 

動きの起動が決まっている、安全に配慮されているなどの面で

初心者や高齢者

に有効であり、負荷の変更も簡単にできる特徴がある。

 

 

その一方で、場所や値段の問題や、一つのマシンで一部の筋群しか鍛えられないなどのデメリットがあり、トレーニングジムなどでマシンが揃っているところへ行く必要がある。

 

 

 

フリーウェイトの特徴

 

メリット

①動きを自由に設定できるので、鍛えたい筋を狙ってトレーニングできる

②ウェイトをコントロール(扱う)する力も必要なので、フォームへの意識が高まる

③ある程度の器具を揃えると、バリエーションを広げられる

 

 

デメリット

・フォームが異なるとトレーニング効果が下がる。もしくは怪我の要因になる。

・はじめは自分でメニューや筋トレの知識を学ぶ必要がある

 

 

フリーウェイトは自由度が高く、目的に合ったトレーニングが可能。その一方で、フォームや知識が欠損してしまうと、ケガをしてしまう危険性があります。

 

 

※知識を取り入れていくことがデメリットと紹介しましたが、トレーニングをしていく上では必要なことですので、継続していけばデメリットではなくなります。

 

 

 

チューブの特徴

 

メリット

①安全性が高い

②全ての可動域で負荷がかかる

③場所を選ばない

 

 

デメリット

・負荷が足りなくなる

・負荷を数値化しにくい

 

 

チューブは終動負荷という特徴があり、伸びれば伸びるほど負荷が強くなる。そのため、ゆっくりと伸ばすことで負荷が高まり安全にトレーニング効果を得られます。

また、フォームの確認などにも使われるので、使用場面は様々です。

 

 

器具トレーニングのポイント

 

・フォームの徹底

・呼吸法

・鍛える筋の意識

・負荷量の設定

 

 

どのトレーニングにも言える内容ですね!

上記は必ず守らなければならないポイントになります。

 

どれか一つでも間違うと、ケガにつながる可能性があるので、トレーニング前にしっかりと学びましょう!

 

 

 

ASSでは、上記のポイントも押さえながらお話をしていきます。

お金がかかってしまうものなので、よく考えて取り組んでください!

 

最新情報をチェックしよう!

実技:器具トレーニングの最新記事8件

>動画配信型スポーツ教育:【 ASS 】

動画配信型スポーツ教育:【 ASS 】

私たちは指導者や選手の皆様のためになる日本一のコンテンツを目指しています。
些細なことでも気が付いたことがありましたら、ご報告いただけると幸いです。
ご要望、ちょっとした質問も喜んで承っております!

※「Sport in Life」のロゴ
弊社はスポーツ庁の認可を取得しており、「一人でも多くの方がスポーツに親しむ社会の実現のため」にスポーツ教育を進めて参ります。

CTR IMG